測定・品質記録KIT32

  1. ホーム
  2. 製品・サービス情報
  3. 測定・品質記録KIT32
  • 傾向管理でロスコスト削減!メール通報と自動的に作成される傾向管理報告書で一つ上の品質管理へ
  • IM-6500をはじめ多くの計測器と直接接続。
    顧客提出用Xbar-R管理図、ヒストグラムなどを簡単作成


特徴


リアルタイムSPC 傾向異常がスマホに届く!
◆測定データの記録により「品質の見える化!」を実現
◆不適合品(不良品)を作らない、出さない生産・品質管理システム
◆検査・測定データはいつでも瞬時に検索可能
◆蓄積した測定データからどんな検査成績書でも発行可能
◆QCD(品質、コスト、納品)の改善による費用対効果も抜群
◆ISO9000s、ISO/TS16949:2002(旧QS9000)取得・維持支援ソフト

  • 製造過程には、品質管理を欠かすことができません。
    製造現場、検査、品質管理の担当者は、不良品を作らない、外部に出さない事を第一に日々努力されています。
  • 不良品が市場に供給されると多大なクレームの対応に追われます。まして、事故が発生すると費用発生だけでなく信用の失堕から会社存続が危うくなる事例もあります。

ソフトの概要 - 5つの機能 -

「基本Kit」は必須ですが他のKitは必要に応じて選択して活用出来ます。
必要なKitを選択組合わせて(追加方式)御使用出来ます。

【1】基本Kit  品質記録、記録の保存と検索の機能
【2】測定機器別「入力Kit」  正確な測定データの収集記録の機能
【3】統計処理別「管理図作成Kit  統計処理による管理図作成の機能
【4】検査成績書作成Kit  検査成績書の作成機能
【5】傾向異常自動通報Kit  "不良が発生しそうだ"を自動通報する機能

活用効果

  • いつでも検索ができます。過去の品質を見ることができます。
  • 測定機器から直接入力もできます。(測定機器別「入力Kit」が必要です。)
  • 測定データ入力時、規格値と比較して合否判定ができます。今の品質が見えます。
  • 記録をもとに統計演算して工程能力指数(Cp、Cpk)などの把握ができます。
  • 記録をもとに、ユーザ提出用の多種多様な検査成績書が作成できます。(検査成績書Kitが必要です。)
  • 作ったが不良だったを予防できます。不良発生の予知ができます。(傾向異常自動通報Kitが必要です。)
  • "記録を残す""記録で品質保証"ができます。
    ISO9000s、ISO/TS16949:2002の厳しい品質基準を達成する必需品です。

測定データ集中管理32の動作環境

対応OS Windows 2000 Professional SP2 以上、
Windows XP Professional/Home Edition /Vista / 7
メモリ Windows NT 4.0/2000/XP/Vista/7 256MB(512MB以上を推奨)
CPU Intel Pentium または互換の200MHZ以上のプロセッサを搭載したPC
ハードディスク 1GB以上の空きが必要
ディスプレイ SVGA以上高解像度ディスプレイ
外部記録装置 CDドライブ
無停電電源装置 デスクトップ・パソコンの場合は、是非準備する事を推奨
保存媒体 外部記憶媒体 CD/DVD又は光磁気ディスク(MO)
データベース SQL Server、Oracleから選択
備考 ◆検査成績書作成KitにはMicrosoft Office Excel 97 〜 2013 が必要です。
 ※ Excel2013への対応はしておりません。予めご了承下さい。
◆測定データ入力Kitには、シリアル通信ポートまたはUSBポートが必要です。
◆部品数:無制限(ハ−ドディスクの容量による)
◆測定デ−タ件数(ワ−ク数):無制限(ハードディスクの容量による)
◆定項目数:999項目/1部品毎
◆測定データ件数は約45万件。ハードディスク容量約150MBです。
◆ハードプロテクタ用(必須) ※ソフトはハードプロテクタの監視の元に動作いたします。